FC2ブログ

スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

改めて東洋法制史というカテゴリ

  • 2011/04/30(土) 01:27:48

どうやらこのブログには「東洋法制史」というキーワードで来られた方が多いようで、なぜだろうかと「東洋法制史」でググってみたら大学のゼミのホームページやら研究書に並んで2ページ目に表示されてたんですね。いかに東洋法制史を語る人間が少ないかということを図らずも証明してしまったようです。
もしかしたらこれからゼミを選択する学生さんが何か情報を得ようと調べられたのかもしれません。そういう方に後押しの意味も込めて少し思う所を。

東洋法制史が気になっていて、日本史や中国史がもともと好きな方であれば迷わず選んでいいと思います。

<理由1>
実学じゃないことを気にされる向きもありますが、社会に出て役に立つ学問なんてことを考えているなら経済学部に進まなかった時点で負けです。ごく一部の職業でなければ法律の知識がそのまま社会で役に立つなんてことはまずありません。
高尚に見える憲法や刑法だって常識レベル以上の知識を持っていて役に立つことなんてないですよね?それにそれらのゼミもテーマは実用論からかけ離れたものだったりするので大差ありませんし、実生活の法解釈に学部レベルの生兵法で首を突っ込むとえらい目に遭いますのでプロに任せましょう。

<理由2>
民主主義でない国家の法律を知るというのもなかなかできない貴重な経験です。海外に行くと日本の良い所が分かるというのが定説であるなら、外国の法律が分かればそれによって日本の法律の良い所・悪い所も見えてくるはずです。

<理由3>
中国は今まさに発掘ラッシュです。ご存じの通り、ここ最近でも曹操の墓や曹休の墓が新たに発見されましたし、それ以外にもいろいろ墓が見つかってまして、法律文書の竹簡やらが大量に出土したりしています。これは新しいテーマが勝手に湧いてきているようなものです。

法学というとどうしても実社会に近いイメージがあって本当にみんな実学指向圧力が強い世界ですが、変なテーマを扱って、就職活動の面接でなぜ東洋法制史を選択したかをうまく説明できればアピールになるかもしれません。自分アピール苦手なんだよなぁという方はキャラ付けにいかがでしょう?

と、まじめに研究されている方には失礼千万な物言いですが、やってみると面白い世界ですので是非お越しくださいませ。そして私が気になってしかたない秦律の研究をやっていただければ。本当に誰か分かりやすくまとめてください…
(さんがつ)

スポンサーサイト

東洋法制史というカテゴリ

  • 2010/01/11(月) 13:53:46

大学時代、私は法学部に在籍していました。
もともと三国志にベタはまりした高校生活で、大学に入ったら絶対に歴史科に進むんだ!と強い決意でいたわけですが、恩師に全力で説得されたこともあり法学部に宗旨替えしたのでした。

ただ、もともと歴史に未練たらたらで来ているので民法やら訴訟法には何の興味も無く、まったく身が入らない生活。ゼミを選択する時点でもどれもピンと来ない中で輝きを放っていたのが東洋法制史のゼミでした。

東洋法制史というのは法学部の中でも異色の存在です。
東洋の法律、つまり律令について研究するカテゴリなのですが、
まず第一に、現代の法律は西洋からの輸入品なので、現代法と何もリンクしていません。
西洋法制史であれば現代法の思想背景を探る、格好よく言えば法哲学というテーマになるのですが、律令を知ったところで現代法の理解には何の役にも立ちません。

第二に、現代法の知識をほとんど要求されません。
現代法とリンクしていないので当然といえば当然ですが、ゼミでレポートを書くにしても、法律の知識は最低限の原理原則さえ押さえていれば何とかなってしまう分野です。
これはゼミに入ってから気づいた意外な点だったのですが、私のような法学の落伍者にとってはありがたい点でもありました。
※本格的に研究すれば法律知識は要求されますので誤解なきよう

第三に要求されるスキルが古文・漢文の読解力であるということ。
先に書いたとおり、私の高校時代は三国志を読むことに費やされており、当然のことながら漢文に触れる機会は他のゼミ生より圧倒的に多かったはずです。
これはゼミの中で圧倒的なアドバンテージでした。古文・漢文が読めないと考える入口に立てないのですから当然です。

第四にほとんど手垢がついていない分野です。
とにかく研究者が少ないのです。押さえておくべき先人を数え上げればおそらく両手で足りるでしょう。
史学で三国志を研究対象にすると研究するテーマが残っていないというのは有名な話ですが、東洋法制史に関して言えばそのような心配はまったく無用、思いつくままに調べてみれば新しいテーマの出来上がりです。

大学によっては東洋法制史という講座自体が無かったり、史学系の研究者が頑張っていたりするニッチな分野ですが、頑張れば第一人者になるチャンスが残っている分野ですのでテーマに困っている研究者の方などいかがでしょう?
※仕事は無いかもしれませんが…

(さんがつ)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。